-
RSS

最新記事

夢と希望は眠りんぼう!
私の好きな’愛の讃歌’訳詞3編
早く会いに来て!愛の讃歌
愛の讃歌の歌い方の違い

カテゴリー

うちのひろと
シャンソンの出前
検索エンジンの供給元:

マイブログ

愛の讃歌の歌い方の違い

 愛の讃歌ほど世代とジャンルを越えて親しまれている曲は少ないのではないでしょうか。何の解説も解釈もいらない曲です。

 ストリングスを中心とするオーケストラ演奏はもとより、ピアノやヴァイオリンのソロ演奏でも、甘美で優しいメロディーに身も心も暖かい温もりに包まれていきます。

 ところが、作詞したピアフの歌になると、一変します。絶叫に近いと言えるほどの歌い方です。

 愛を訴えると言った方がいいでしょうか。愛する人への気持ちがストレートに伝わってきます。

 一方で、越路吹雪が歌う岩谷時子訳詞は、人を愛する想いと愛しさが、聴く者にクレッシェンド的に伝わっていきます。

 決して絶叫調にはなりません。じわりじわりと、心に温かくいっぱいに満ちていきます。訳詞で曲相が大きく変わるのです。

 永田文夫を筆頭とする直訳に近い訳詞でも、ピアフほどの絶叫調で歌う人は少ないようです。

 しかし、同傾向で歌う人は少なくありません。興味深いのは、その傾向で歌ってきた人たちが、後年になると岩谷時子の訳詞で歌うようになるのです。

 代表が岸洋子です。最初は永田文夫の訳詞で歌っていました。後年は岩谷時子の訳詞で歌うようになります。

 実は、岩谷時子の訳詩は原詩とは大分違うのです。どうぞ、永田文夫の訳詞と比べて見て下さい。

 愛を文章で表わすことの、難しさ深さを考えさせられます。まして、訳詞ですから制約があります。さらに、作詞家と訳詞家の根本の違いもあるかも知れません。

 ちなみに、絶叫型の日本代表は美輪明宏です。聴き比べて下さい。歌手の解釈の違いがさらに歌の世界を広げます。

  
永田文夫の訳詞を再度紹介しておきます。

空がくずれ落ちて 大地がこわれても
恐れはしないわ どんなことでも
愛が続く限り かたく抱きしめてね
何もいらないわ あなたのほかには

世界のはてまで 私は行くわ
おのぞみならば
かがやく宝 ぬすんでくるは
おのぞみならば
祖国や友を うらぎりましょう
おのぞみならば
あなたのために 何でもするは
おのぞみならば

もしもいつの日にか あなたが死んだとて
嘆きはしないは 私もともに
とわのあの世へ行き 空の星の上で
ただふたりだけで 愛を語りましょう

ラララー ラララ ララ
愛を語りましょう


愛の讃歌の歌い方の違いに対する3件のコメント:

コメントRSS
横山雅之 on 2018年8月8日 20:36
私の疑問も同様です。人が変わりなすが、シルビー・バルタンの「アンコール」という人気な歌があります。シルビーの盛り上げ方と日本人の表現方法が逆なのです。どうしてかなと私も思っています。私の結論ですが、これは、女性が自立して独立しているか、否かだと思います。もちろん、生活てきにも、精神的にも。  シルビーのアンコールを日本人が歌うと、あなた(男性)が私の所に戻って来て一緒にもう一度暮らしてと言う表現に聞こえます。 しかし、シルビーが歌うと、私ともう一度暮らさない。私ともう一度やってみない。もう一度。つまり、女性が暮らすことを男性に訴えているのであって、日本人の「お願いだから戻って来て 私のもとへという受け身のニュアンスはないと思う。 シルビーは対等の気持ちで言っている。これが「アンコー」の本心だと思います。  バラ色の人生も同じで男性と女性が対等の気持ちで相手に訴えかけているのだと思います。だから、お互い人生を掛けた恋だからこそ嘆きはしないという激しいものになるのだと思います。  シャンソンを日本式に変えると、女性は受け身になってしまう。しかし、本当はフランスでは、対等に愛を語っているとおもいます。だから、女性は積極的だと思います。こういう風に早く日本人もフランスのシャンソンを歌ってほしいと思います。
コメントに応答する


内野博人 on 2018年8月9日 19:05
横山様コメントありがとうございました。  シャンソンを原語で歌う難しさを改めて思いました。文化の違いは歌詞の解釈に知らぬうちに影響します。  間違っている場合もあるかも知れません。その点、日本語の訳詞はそのまま解釈をすれば良いですね。  越路吹雪が日本語に徹して歌っていたのは、それが理由のひとつであったかも知れません。  アンコールはまさに横山様のおっしゃる通りです。素晴らしい例歌をありがとうございました。                      内野博人
コメントに応答する


横山雅之 on 2018年8月9日 20:51
 私のシャンソンの切っ掛けは大学時代、第2外国語でフランス語をとったことでNHKFMの永田文夫さんの「シャンソン、カンツォーネの旅」を聴くことが切っ掛けです。永田さんの的確な解説はすぐに虜になり毎週聴くことが楽しみでした。その当時、世相を反映して、ミッシェル・サルドゥーの歌に虜になりました。サルドゥーが出てくるのが楽しみでした。そこから、ダニエル・ギシャールやジルベール・べコーやアズナブールと広がりました。 今は、シルビー・ヴァルタンを掘り下げています。年を取るほどに、魅力的になるシルヴィー。特に、「バラード」の女王と呼びたくなるほど、バラードの歌には素敵なものがたくさんあり驚きです。日本のシャンソン界への要望ですが、今の日本の女性も 独り立ちして大きく変わりつつあります。男性を打ち負かすほどです。新しいシャンソンの解釈で歌ってもいいのではないでしょうか。 内野さんのご活躍をお祈りします。 65歳。男性
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment