-
      誤解

「お腹空いたでしょう?」

「うん、ペコペコだ」

「用意してあるの。すぐ出すわね。今日は鯵の煮つけよ」

「おっ、良いな!煮魚は久しぶりだな。そうか玄関を入ると良い匂いがすると思っていたが、これだったか」

「手を良く洗って来てね。口もすすいでね」

「わかってるよ。ブザー押す前に身体中ちゃんとはたいて来たよ」

 テーブルに座ろうとすると、

「ちょっと待って!窓を開けて下さる」

「なんだか俺、子供扱いされてるみたいだな」

「普通のことです。コロナは怖いんですよ。赤ちゃんにもしものことがあったら大変ですよ」

「そうだな。気を付けよう。そうだ!さっきの電話はお母さんに子供のこと知らせたのか」

「毎日一人で家にいると色んなこと考えるの。私、訳あって12年前から家に帰ってないの。私からは電話もしたこと無いの。母からは心配して電話来るけど」

「そうか、会わそうとしないから何かあると思ってはいたが、話せない何かがあるんだな。話したくないことは話さなくて良いよ」

「ううん、話すわ。聞いてね。12年前、結婚を約束した人がいたの。その人と父母に会いに行ったの。父はどうしても承諾してくれなかったの」

 加奈子は自分でもおかしいくらい、明るく話せた。当時のせつなくつらい気持ちは少しもなかった。まるで人ごとの話のようだった。

「嫌な話を聞かせてごめんなさい」

「加奈子、札幌のご両親に会いに行こう。明日は土曜日で会社は休みだ」

「えっ、突然何を言うんですか。札幌ですよ。本気ですか?」

「今なら、妊娠初期だから飛行機も大丈夫だ。今すぐご両親に電話しなさい。明日お伺いすると」

「でも・・・」

「すぐ電話しなさい。僕の両親にもなる人だ。お会いしたい。会って色々お話がしたい。早く電話しなさい!」

 加奈子はためらったが、樋口の口調と真剣な眼差しにスマホを手にした。

「あっ、お母さん。わたし、加奈子。急だけど明日帰る」

「加奈ちゃんどうしたの?何かあったの?待って、お父さんが変わりたいって」

「いいの、変わらなくって良いから・・・」

「加奈子、私だ。何かあったのか?」

「・・・・・」

 加奈子は懐かしい父の声に、胸が詰まって言葉が出てこなかった。
                     つづく

続きは2月19日金曜日朝10時に掲載します