-
          心の隙間 12.

「タッパーは差し上げたつもりでした。言葉が足りなくてごめんなさい」

「まだ新しいですよ。貰うわけにいきません。明日出かけますので、ついでですがお持ちします」

 そうね、男の人には不要ね。返って迷惑かも、

「わかりました。でしたらわざわざお持ちいただかなくても、スーパーに行ったときにお渡し下されば結構です」

「僕としてはお持ちしたいのですが…。実は昨日黙っていましたが、僕のアパートは石崎さんのすぐ近くなんです」

「えっ、どちらなんですか?」

「最後の所を曲がらないで、真っすぐ行くと右側のアパートです。石崎さんの所から300m程先になります」

「本当に近い所ですね。偶然ですね」

「そうなんですよ。明日朝10時頃伺おうと思っています。よろしいですか?」

「わかりました。ではお待ちしております」

 スマホを切ると嬉しさが込み上げて来た。嬉しい時に必ずかける曲がある。

 モーツァルトのヴァイオリンソナタK301ハスキルとグリュミオーの演奏だ。優しく楽し気に部屋中に広がった。

 さっきまでの沈んだ気持ちは無くなった。嫌われてなかったんだ。

 次の朝、朝9時の開店を待ってスーパーに行った。果物売り場で苺を中心に詰め合わせて貰った。

 まだ早いので、店頭横のフードコーナーで珈琲を飲んだ。時間が経つのが遅い。9時45分になった。店を出た。

続きは13日日曜日朝10時に掲載します

 呼び鈴を押すと、

「はーい!」

 明るい声で彼女が出て来た。

「おはようございます。ありがとうございました。これつまらないものですが、召し上がって下さい」

 タッパーを渡すと続いて果物の詰め合わせを渡した。

「とんでもありません、頂くわけにはいきません」

「いえ、ほんのお気持ちです。ありがとうございました」

 お礼を言うと引き返し始めた。

「困ります。こんな高価なものを…」

 スーパーで贈り物と言ったせいか豪華に盛ってくれた。自転車の駕籠にやっと入ったくらいだ。

「ちょっと待って下さい。困ります」

 広瀬は後ろも振り向かず2階の階段を下りて行った。自転車に乗ると、真っすぐアパートへ帰った。

 出かけるは嘘であり、部屋に入るとごろりと横になった。スマホが鳴った。メールが来た。彼女からだ。

〝わざわざお届け下さいまして、ありがとうございました。同時に過分な贈り物を下さいまして、心苦しく思っております。お礼の言葉も言えなくて失礼いたしました。お礼まで〟

 お礼までと手紙のようなメールだった。までとはどう言う意味だろう。取り敢えずが抜けていて終わりのこと?

 この日は何もする気がしなかった。食欲もなく昼食もしなかった。日も暮れて19時を過ぎた。スマホが鳴った。

「石崎です。今日はありがとうございました。もうお帰りですか?」

「はい、帰ってます。こちらこそありがとうございました」
「サンドイッチはお好きですか?」

「はい、好きです」

「良かった。実は作り過ぎてしまいまして、良かったら食べていただけないかと思いまして…」

「いただきます。丁度お腹が空いていたところです」

「では、お持ちします。こちらからだと左へ曲がれば良いのですか?」

「とんでもない、取りに伺います」

 広瀬は嬉しくなった。心がぱっと明るくなった。近いのにすぐに行きたくて自転車に乗って走った。
                     つづく
次回は6月18日金曜日朝10時に掲載します